So-net無料ブログ作成

海外のプラモ塗料事情 [ポルシェ/模型ネタ]

01.jpg

日本未発売の塗料には、すごくニッチな製品が多くて、それゆえに日本で扱わない代理店が多いのかな…とも思ったりします。
今回はアメリカのGRAVITY COLORSというブランドからいくつか「ポルシェ専用塗料」を購入してみました。日本ではタミヤから限定発売だったヴァイラントグリーンは定番で販売されてます。イエガーマイスターオレンジ、ロスマンズブルー…独自のブレンドだとイマイチ配合が掴みにくいですが、予めできているカラーがあると楽そうですよね。

02.jpg

空冷エンジン時代に長らく定番のカラーだった、ガーズレッドとカラーラホワイト。どの程度の再現率か不明ですけど、もうポルシェの写真がラベルになっちゃってる時点で使う気マンマンになります。(笑)

03.jpg

ポルシェと言えばシルバー。シルバー系のバリエーションは多いです。リキッドメタルシルバーやシルバーストーンパールは最近だと918スパイダーなどに使用されてました。ロジウムシルバーは、少し青みがかったシルバーメタリックで、通常市販の911やパナメラなどに使われている色です。
空冷エンジン時代のアークティックシルバーやスピードイエローなども欲しい所ですが、まだ他にもメーカーがあるので、またの機会に別メーカーのカラーも購入してみようと思います。

これら海外塗料の特徴としては、もう色が専用で出来上がっているのと、エアブラシ用に希釈された状態なので、そのまま使用できるという点があげられます。
勿論、ポルシェ以外にも、アメ車やヨーロッパ車、一部日本車(ニッサンGTRなどですが…)の専用カラーが豊富にあるというのも、日本の事情と大きく違う所でしょうね。古い年式のクルマに使われている色もたまにあったりするので、ニッチな上にピンポイントなのもマニアには嬉しいところかも。

日本だとフィニッシャーズあたりが対抗できるとは思いますが、種類の多さではちょっと敵わないかもしれません。日本でもこういうニッチなカラーが手軽に入手できるようになると嬉しいんですけどねぇ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。